WiMAX端末の性能を100%引き出すには?

WiMAXユーザーの中で、WiMAX端末の持つ性能を100%引き出す事が出来ているユーザーは何割ほどいるでしょうか?
少なくとも、WiMAX端末用のクレードルをセットで利用していると言う方でなければ、WiMAX端末の持つ性能を100%引き出す事は出来ません。



WiMAX端末のクレードルセット



ただ、WiMAX端末のクレードルは別売りされている形がほとんどです。
ただの充電台だと思われているクレードルに、わざわざ2,750円を支払って購入すると言う方は多くありません。



ですが、WiMAX端末はクレードルがある事によって、色々なメリットが出て来るのです。
しかも、それらを利用したからと言って、WiMAXサービスの月額料金は変わりません



メリットがあっても月額料金は変わらない



つまり、同じ月額料金を支払い続けているにも関わらず、クレードルがあるのとないのとでは利便性だけが違って来るのです。
でしたら、クレードルがないよりはあった方が良いと思いませんか?



とは言え、WiMAX端末代とは別途で2,750円支払うと言うのは、少し躊躇してしまいます。
本当に、クレードルに2,750円支払う価値はあるのでしょうか?



わざわざクレードルを購入するメリットはあるの?



私も実際そうで、クレードルを購入するかどうかで半日ほど迷いました
ですが、結果的にはクレードルを購入して良かったと思っています。



そこで、WiMAX端末のクレードルが持つ機能についてご紹介したいと思います。
ぜひ、参考になさって下さい。

WiMAX端末とクレードルとの組み合わせによる3つのメリット

WiMAX端末とクレードルとを組み合わせる事によって、以下の3つのメリットがあります。



  • WiMAX端末へ、常に電気が供給される。
  • クレードルの裏側にあるEthernetポートを利用して、有線通信が行えるようになる。
  • WiMAX端末の受信環境が向上する。


WiMAX端末へ常に電気が供給される事により、バッテリー切れを気にしなくても良くなります
ですので、インターネットを利用する事にだけ集中すれば良くなります。



また、WiMAX端末のフル充電状態が維持されます。
ですから、いつでもWiMAX端末をフル充電状態で外に持ち出す事が出来るようになります。



フル充電状態で外へ



更に、WiMAX端末のバッテリー切れの心配がなくなるので、WiMAX端末がパフォーマンスを最優先するモードに自動的に切り替わります
具体的には、省電力モードがハイパフォーマンスモードに、省電力設定がハイパフォーマンス設定になります。
そして、キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが常に使用される状態になり、下り最大通信速度が最大限にまで引き上げられます。



他にも、バッテリー切れの心配がなくなる事から、WiMAX端末のディスプレイが常時点灯に切り替わります。
WiMAX端末のディスプレイには時計が表示されていますので、WiMAX端末が電波置き時計代わりになります。



WiMAX端末が置き時計代わりに



WiMAX端末の裏側にはEthernetポートがあり、LANケーブルを挿し込む事が出来るようになっています。
そして、WiMAX端末をルータモードに切り替えてパソコンなどと繋ぐ事により、有線通信を行う事が出来るようになります。



有線通信の機能により、Wi-FiやBluetoothに非対応の古い機器をインターネット接続する事が出来るようになります。
また、下り最大通信速度が1Gbpsの安定した高速通信を行えるようになります。



安定した高速通信



更に、WiMAX端末はWi-Fiでの同時通信数が最大10台までなのですが、有線通信を行う事で更に1台分接続数を増やす事が出来ます。



有線通信の用途は他にもあり、WiMAX端末をAPモードに切り替えてブロードバンドルータと繋ぐ事により、WiMAX端末をWi-Fiルータとして利用する事も出来ます。
こうする事により、最大10台の機器を同時通信する事が出来るようになります。
また、スマートフォンなどのLANケーブルに非対応の機器を、インターネットへ接続する事が出来るようにもなります。



APモード



WiMAX端末をクレードルにセットする事で、WiMAX端末の受信環境が向上します。
と言うのも、WiMAX端末に内蔵されているアンテナの位置が高くなるので、受信効率が上がるのです。



また、クレードルによってはクレードルアンテナが付属しているものもあります。
クレードルアンテナがある事により、正面からだけではなく、横方向からの電波も受信する事が出来ます
効率良くWiMAXの電波を受信する事が出来るようになりますので、受信感度が上がります



クレードルアンテナ



このように、クレードルがある事によって、さまざまなメリットがあります
これらのメリットを全て知る事で、2,750円は全然惜しくはなくなったのではありませんか?



↓WiMAX端末のクレードルセットがお得に手に入る方法↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

私のクレードルの活用例

実際、私もWiMAX端末のクレードルセットを利用している1人です。
固定回線としてWiMAX端末を利用していますので、ご紹介したメリットの大半を利用している形になります。



WiMAX端末をクレードルにセット



ちなみに、私が有線通信として使用しているモードはAPモードではなくルータモードです。
と言うのも、私が使用しているテレビはWi-Fiに非対応ですから、有線通信を行わないとインターネットに接続する事が出来ないのです。
ですから、LANケーブルを使ってテレビのデータ放送の機能をフル活用しています。



このように、Wi-FiやBluetoothに非対応の古い機器など所持していないと思っている方でも、意外と身近にあったりします

WiMAX端末のクレードルが無料に!?

以上、WiMAX端末の性能を100%引き出すクレードルの性能についてご紹介しました。
いかがでしたか?



WiMAX端末のクレードル



ちなみに、WiMAX端末のクレードルは2,750円だとご紹介しましたが、実は、無料で手に入れる方法があります。
それは、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典を利用する方法です。



と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではWiMAX端末のクレードルセットを無料プレゼントしているからです。
ちなみに、最新WiMAX端末のクレードルセットが無料で貰えるキャンペーンを行っているのはGMOとくとくBB WiMAX 2+だけです。
ですから、ぜひとも利用したいところです。



GMOとくとくBB WiMAX 2+



また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では、期間限定のキャッシュバックキャンペーンも行っています。
数万円のキャッシュバックが貰えるますから、キャンペーン期間中に申し込みたいものです。



↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み先はこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+